【LINE×心理学】女性を翻弄させる男に。勝率を上げる10個の"LINE×恋愛心理学"をマスターせよ | モテMEN!!-恋愛初心者から始める恋愛メディア ]
  1. TOP
  2. 【LINE×心理学】女性を翻弄させる男に。勝率を上げる10個の”LINE×恋愛心理学”をマスターせよ

【LINE×心理学】女性を翻弄させる男に。勝率を上げる10個の”LINE×恋愛心理学”をマスターせよ

 2017/07/10 LINE/SNS
  18,369 Views
LINEを制する者は、恋愛を制する。

現代に生きるスマホユーザーの生きる手段となった”LINE”
誰かと連絡を取る時には、”LINE”は欠かせないものとなっています。
それは恋愛でも一緒。
女性と仲良くなったり、デートに誘うときはLINEの活用が必須です。
でも既読機能やスタンプ機能のせいで女性と上手く連絡が続かない男性になってはいませんか?
恋愛が絡む場合、LINEは非常にテクニックが重要ですし
女性の感情を理解する心理学も大事になってきます。
心理学を活用したLINEテクニックを駆使して気になる女性を魅了しましょう。

【期間限定大サービス中】

悩める男性に朗報。LINE×恋愛心理学をマスターせよ

恋愛に悩む男性の中でも、特に悩みが多いのが
スマホユーザーの主要連絡手段であるLINEのやりとりです。
既読機能やスタンプ機能が使えることにより、
余計にやり取りの仕方がわからなくなった人も急増中。。

女性に対して、適当にLINEを送ってしまっていませんか?
LINEは誰にでも気軽に使えるからこそ、逆にテクニックが重要になってきます。
心理学を制覇して恋愛勝率を上げるLINEテクニックを身に付けて、
気になる女性を魅力しちゃいましょう!!

LINEでの駆け引きに効果的な心理学

LINEはいつでも、誰でも、気軽に利用できるからこそ
タイミングと駆け引きが大事です。
そんなタイミングと駆け引きに効果的な心理学を紹介します!

【第1のLINE×心理学】ザイオンス効果

ザイオンス効果とは、人間は、コミュニケーションの回数や頻度が多ければ多いほど親密になり、好意を持つという心理効果です。通称:単純接触効果とも言われています。
初めて会う人とはなかなか上手く打ち解けれない人でも何度も連絡を取ったり、会話していくうちに仲良くなっていける人が多いのではないでしょうか?

このザイオンス効果をLINEで活用するには、頻繁にLINEでやり取りを行うこと。
LINEなら会える時間がなかったとしても、連絡を取り続けることができるので充分にザイオンス効果を発揮できます。狙っている女性がいるなら、頻繁にLINEでのやり取りを継続してあなたの存在を、女性に印象付けていきましょう。

【第2のLINE×心理学】間欠強化の法則

間欠強化の法則とは、毎回報酬をもらえると分かっている状態よりも、もらえるか?もらえないのか?どうかがわからない状態の方が【報酬をもらおうとする行動が、積極的になったり、長続きする】という法則です。
LINEに活用するには、まずザイオンス効果を最大限まで活かす必要があります。
LINEのやり取りが頻繁にできるようになったなと思う状態で、ピタッと連絡をとるのを止めます。

すると、女性からすれば「え、なんでだろう?」という不安な心理状況になります。うまくやり取りできていたはずなのに、LINEがくるかこないのか分からない状態になりました。
これこそが、間欠強化の法則が最大限に発揮される時です。

“未読スルー”を回避する心理学

LINEでやり取りしてると、よく起きるのが女性の未読スルー。
「え、さっきまでポンポンやりとりしてたのに。。」
未読スルーがあると、心が折れますよね。
そんな未読スルーを回避するのに効果的な心理学を紹介します。

【第3のLINE×心理学】ツァイガルニック効果

ツァイガルニク効果とは、達成できなかった物事や中断している物事に対して、より強い記憶や印象を覚えるという心理効果です。スペインにあるサグラダファミリアや、若くして亡くなった日本のアーティスト尾崎豊など
根強い人気とファンがいるのは、ツァイガルニク効果の影響かもしれません。

ツァイガルニク効果をLINEに活用し未読スルーを防ぐには、新着メッセージに表示されないようにLINEを送ることです。最近のスマホでは誰かからLINEが来ると通知が届き、Androidでは約50文字、iPhoneでは28文字のメッセージであれば未読のままメッセージを確認できてしまいます。
興味がわかない内容だと未読のまま開かない可能性も。。

メッセージ内容を確認出来ないようにする為に、
どうしても返信が欲しい時はメッセージ+スタンプを1つ送るようにしましょう。
スタンプを活用することで、どんな内容が書かれているのかをみたいという欲求を強く引き出しましょう。

【第4のLINE×心理学】バンドワゴン効果

バンドワゴン効果とは、ある製品や事柄、人物に対し、大勢の人がそれを支持している場合、その製品や事柄、人物への支持が一段と高くなるといった効果です。言い換えると、過大評価されると言えば良いでしょうか。
大学や会社でも、実力はそこまでないはずなのに人に好かれるのが上手い人っていませんか??

そんな人はすぐに人気者になり、気づけば誰もが支持する中心人物になっていたりします。
バンドワゴン効果を、LINEで未読スルーされないように活用するには
さりげなく相手に『LINEのやりとりをしているのはあなただけじゃないよ』と伝えることです。

日本人は特に、大勢から支持されてるものに対して強い関心を持ちます。不特定多数のうちの1人だと相手が認識すれば、手放すものかとLINEのメッセージが帰ってくる可能性があがります。

スタンプを上手に使って好印象を与える心理学

LINEの最大の魅力であるスタンプ。
可愛らしいスタンプや、伝えにくい言葉の代わりスタンプを使うことで想いを伝えることもできる非常に便利なアイテムです。しかし、使い方を間違えると一気に好感度を下げることにも繋がります。そんなスタンプを上手に使って好印象を与える心理学を紹介します。

【第5のLINE×心理学】ミラーリング効果

ミラーリング効果とは、好意を抱いている相手のしぐさ、表情あるいは動作を無意識に真似たり、 自分と似た仕草や表情を行う相手に好感を抱くような効果です。
デートに行った時などは、女性がグラスを取った瞬間に同タイミングでグラスを取ったりすることです。

このミラーリング効果をLINEに活用するなら、女性が送ってきたスタンプと同じものを使う。
または、女性の言葉遣い・口調などLINEを合わせてみるのが良いです。そうすることで、無意識的に「あ、この人と感覚似てるかも」と思わせることができ、あなたのことを好意的に受け入れやすくなります。

デートに誘う時の心理学

直接会った時には、恥ずかしくてデートに誘えない。。
そんな時に重宝するのがLINEです。
気軽にデートに誘えるからこそ、心理学を使って成功確率の高いデートの誘い方をマスターしましょう!

【第6のLINE×心理学】フット・イン・ザ・ドア

フット・イン・ザ・ドアとは、1度小さな頼みごとを受け取ってもらった後に、本来の頼みごとを受け取ってもらう心理テクニックです。買い物をしてる時も、店員さんに試着を勧められ実際に着てみると購入を断りづらくなったりしませんか?それこそがフット・イン・ザ・ドアを用いたテクニックです。

いきなり抵抗のある夜のデートに誘うのではなく、
LINEで比較的受け入れられやすい昼間かつ少しの時間のデートに誘うのです。
例えば、昼間のランチだけだったりカフェだけだったりです。
女性からすれば昼間なので”何をされるか分からない恐怖”もないですし、
お酒も飲まないので万が一の事も起きません。

しかも、初めから少しの時間と言っておくことで
「まぁ、それだったら。。」と了承してくれる可能性もグーンと上がります。
その昼のデートを終えた後に、LINEで本来の頼み事である夜のデートや少し遠出のデートに誘ってみると
了承確率があがりますよ!

【第7のLINE×心理学】ダブルバインド

ダブルバインドとは、自分のメリットになる二つの選択肢を示し、相手にどちらかひとつを選んでもらうように仕向けるテクニックです。どちらを選択しても最終的には得になるという状態を指します。
しかもダブルバインドを使うと、相手はその二択の中から正解を導き出そうとするので、それ以外の選択肢を選択しにくくなります。

これをLINEで活用するとなると、デートをすること自体決まってない中で
「何日と何日だったら、どっちが都合いい?」と聞くことです。
女性からすれば、どちらかを選択することに考えが向くのでデートに誘って成功する確率が高まります。
なにより、自分で選択したと思わせることもできるので、強制力が働かないことも魅力ですね!

女性に誘われた時の心理学

LINEは同時に誰とでも連絡をとることが可能です。
それは女性も一緒。気になる男性がいれば、気軽にデートに誘うこともあります。そんな時に、男性としてどんな対応をすれば良いのか。
女性に誘われた時に活用できる心理学を紹介します。

【第8のLINE×心理学】ハード・トゥ・ゲット・テクニック

ハード・トゥ・ゲット・テクニックとは、あなたを女性にとって「特別な異性だ」と印象付けることにより、女性をいい気持ちにさせたり、もしくは「人気者を得られた」と感じさせたりするテクニックです。
女性には入手が困難なモノを手に入れたくなる気持ちがあるので、人気者を捕まえた私は特別な存在であると自覚することで、喜んだり気分が高揚したりします。

ハード・トゥ・ゲット・テクニックをLINEで活用するには、
女性から誘われたデートを「その日は他の人との予定が入っている」と一度断ってみることです。
「簡単には誘いに乗らない」という印象を植え付けることで、
女性のあなたに対する関心をもっと引き付け、あなたの魅力にどっぷりはまらせるのです。

【第9のLINE×心理学】希少性の原理

希少性の原理とは、人が欲している需要に比べ、利用できる供給が少ない時にその物の価値が高く思える心理的な現象のことです。ハード・トゥ・ゲット・テクニックと似ているのですが、希少性の原理は今手に入っている皆が欲しがっている物を失いたくないという状態です。

希少性の原理をLINEで活用すると、たくさんLINEが送られてくる中でたまに既読無視をしてみることです。
たまにしか連絡を返さないことで、LINEが返ってくることが希少なことだと思わせ、
あなた自身を価値の高いものだと思わせます。

ただ女性があなたのことを高い確率で好意があると認識していないと、かえってよくない結果になってしまいがちです。あと少しで告白したいけど、最後の一手にかけている時などに希少性の原理を使うと高い効果が期待できるでしょう!

【第10のLINE×心理学】カリギュラ効果

カリギュラ効果とは、禁止されていることほど逆にやりたくなってしまう心理効果です。これを読んでいる人にはしてほしくはないですが、不倫や浮気もカリギュラ効果の影響で、より情熱的な恋愛になってしまうのです。
このカリギュラ効果をLINEに活用すると、女性に対して
「これ以上LINEすると、楽しすぎて寝れへんから寝るわ!」と、〜すぎて、禁止!と伝えてみることです。

LINEを制限する発言をすることで、もっとLINEしたいのに!
もっとあなたと話したいのに!という欲を強めます。
芸人のダチョウ倶楽部のノリでもあるように、「絶対おすなよ〜」と言われたら余計に押したくなりますよね。
これもカリギュラ効果によるものなので、どんどん活用していきましょう。

LINEを交換する時も心理学は使えるの??

LINEを交換する時も、もちろん心理学は有効です。
上記の心理学を利用するなら、
1.ザイオンス効果
2.ミラーリング効果
3.フット・イン・ザ・ドア
の順番です。

LINEを交換できないということは、再び会える確率がぐっと下がることを意味します。
そのため、気に入った女性と出会ったときはその時にLINEを交換しなくてはなりません。
もし街コンや合コンなどの強制的にLINEが交換できる時間があるのならば良いですが、
ナチュラルな出会いの時は自分からLINEを聞かないとLINEの交換は難しいでしょう。

もし友達同士の飲み会で気に入った女性が現れた時には、その女性と仲良くなることを考えザイオンス効果を活用しましょう。コミュニケーションの機会を増やすことであなたの好感度をあげ、仲良く話ができている間にミラーリング効果を使います。女性の興味ある話題を提供したり、食べるものや飲み物を同じにしたりします。

そうやって、女性の好感度を上げていき最終的にはフット・イン・ザ・ドアを用いてLINEを交換します。
LINE交換時には、まず会話の中で”簡単な要求”を入れておいてください。

例えば、「そこのメニュー表とって!」や「次の食べ物これでいいかな?」などです。飲みの席では全く重要でない簡単な要求です。そこがチャンスです。フット・イン・ザ・ドアを用いて、次にLINEの交換を要求します。無意識のうちにあなたの要求を承諾してきているので、LINEの交換も容易にできることでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
勝率を上げる10個の”LINE×恋愛心理学”をマスターして、女性と楽しくLINEを続けれそうですか?
世の中の多くの男性はLINEで女性と上手くコミュニケーションが取れずに悩んでいる人が多いです。
そんな中であなたがLINEと恋愛心理学をマスターすれば、特別な男性として付加価値があがります。

実際ごりくもも決してイケメンではなく、ブサイクですがLINEのテクニックを駆使したことでLINEでやりとりをし出して、10日間で可愛い彼女をつくることに成功しました。
その時のやりとりも書いてますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【期間限定大サービス中】

\ SNSでシェアしよう! /

モテMEN!!-恋愛初心者から始める恋愛メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテMEN!!-恋愛初心者から始める恋愛メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ごりくも

ごりくも

20歳まで童貞・彼女なしを貫いた永遠の"ゼロ"。
最近の趣味はEDMを聞いて、ストレス解消をすることです。
詳しくはこちら➡https://kanozyo-yuuki.com/new/profile/

この人が書いた記事  記事一覧

  • 恋愛成功者に共通するたった1つの条件とは?

  • 【モテ男はここが違う!】デキるモテ男が「すること・しないこと」って?

  • 【全実話】告白のシチュエーション厳選9選~女性が喜んだ本物のストーリー~

  • 非モテはサラリーマン思考。モテる人は経営者思考。

関連記事

  • 高確率で女性とLINEを交換できる7つの聞き方

  • 【要保存】これでリア充。女性にモテるInstagramの活用方法

  • 保護中: 【モテMEN!!】女性にLINEを送り始めて10日間で付き合った実際のLINE公開中