【永久保存版】女性にモテる最強のスーツ着こなし術を徹底解説 | モテMEN!!-恋愛初心者から始める恋愛メディア ]
  1. TOP
  2. 【永久保存版】女性にモテる最強のスーツ着こなし術を徹底解説

【永久保存版】女性にモテる最強のスーツ着こなし術を徹底解説

 2018/07/17 ファッション 体づくり
  1,617 Views
女性にモテる最強のファッション。

それはスーツ。
スーツを制する者は、女性を制す。
と言っても過言ではないくらい、
スーツの着こなしは大事なんです。

仕事に勤めている人の多くが、
週7日の内、5日もスーツを着ていますし、
他の男性と差がつけにくいのもスーツです。

だからこそ、
誰よりもスーツを着こなしていれば、
確実に女性にモテてて、
社内の美人OLと毎日セッ〇スしたり、
週末にデートに行ったりできちゃうんです。

今回はモテる最強のスーツ着こなし術を
紹介していきますね!

目次

日本人はスーツが似合わないのか?


西洋人と比べて、
日本人はスーツが似合わないのか?
色々、説はありますよね。

実際のところ、
日本人は洋服自体が似合わないと
言われてる理由もあります。

一つ目は、筋肉のつき方の特徴です。
日本人は西洋人に比べて、
背中を中心とした背面側の筋肉に乏しい傾向に
あるそうです。


引用:Enjoy Media Box

昔から日本人は農耕民族として歴史を積み重ねており、
前かがみで農作業をする文化が前面の筋肉が発達を促したが、
逆に背面の筋肉が乏しくなってしまったみたいです。

日本人の悪癖として語られる猫背が多いのも、
同じ理由ですね。


西洋人は、元々狩猟民族で、
弓を射る姿勢が多かったことや椅子に座る文化によって
背中の筋肉が発達してきました。

さらに文化として、筋トレを行うのも日常に取り込まれているので
よりその差は広がっています。

二つ目は、西洋人の様に着こなしを知らないだけです。
やはり西洋はファッションの聖地であり、
常にファッションのトレンドを作り出しています。


多くのモデルさんが夢とするのも、
“パリコレのランウェイを歩くこと”
だと思います。

それほど、西洋と日本との
ファッショントレンドのギャップがあるという
ことなんですね。

オシャレなスーツの着こなしを
西洋の人は知ってるだけで、
多くの日本人が知らないだけなんです!!

この2つの理由である、
着こなしと体づくりを知っているか知らないか、
だけの差なんです。

この2点をきちんと押さえれば、
必ずスーツが似合うモテる最強の
スーツ着こなし術をマスターできます。

男性がスーツを着こなすべき3つの理由

とはいってもやはりスーツを着こなす男性は
かっこいいもの。

日本人の男性が、
スーツを着こなすべき理由をまとめました!!

仕事での第一印象が良くなる

仕事をする上で第一印象は最も大事。

男性が仕事における印象を良くしたい場合、
まずはスーツをしっかりと着こなすのがオススメです。

見た目に気を配ることで相手からの印象が良くなりやすく、
ひいては仕事にも良い影響を与える可能性があるからです。

このメカニズムにはメラビアンの法則というものが関係しており、
相手に与える影響力を調査した結果、
見た目による影響の割合が特に大きいということが結果として出ました。

この研究では他にも、声の質や話す速度などの聴覚情報や、
話しの内容や言葉の意味などが含まれる言語情報も
交えての調査が行われましたが、
それらによる影響を抑えて特に大きな影響力を及ぼしたのが
見た目や態度などの視覚情報なのです。

割合としては、視覚情報が55%なのに対し、
聴覚情報は38%、言語情報は7%と大きな開きがあります。

つまり、見た目による影響を意識するのが、
相手からの印象を良くするための近道であり、
スーツを着こなすことで、できる人物に見せやすくなるのです。

見た目だけを重視すれば良いわけではないものの、
相手からの印象を考えた場合、特に力を入れてみる価値があります。

女子受けが抜群に良い

スーツを着こなすことは、
女子受けを良くするという意味でも大切です。

女子にモテたい男性は
着こなしを意識することが大事ですし、
逆に言えば着こなしが下手だと私服もダサいと捉えられて、
女子受けが悪くなる可能性もあります。

上手くスーツを着こなす男性に対して、
女子はひとつに男らしさを見出してくれます。

もしも見た目にだらっとした印象があると、
どこか頼りない印象を与えてしまい、
それでは男らしさを感じさせることができず、
魅力的な男性に思われません。

スーツは特に誰もが同じものを着ているからこそ、
シビアにジャッジされてしまうことが多く、
着方次第で女子に与える印象は大きく左右されます。

モテる男であるために、
スーツの着こなしを徹底して学びましょう。

オシャレな人だと思わせれる

着こなしを考える上で大事なのが、
コーディネートです。

スーツを着こなすというのは、
自分のものとしてフィットさせることが原則ではあるものの、
無難過ぎる着こなし方では魅力を発揮させることはできません。

見た目で印象を勝ち取る人の多くは、
気付きそうで気付かないオシャレなコーディネートをしているもの。
スーツの着こなしでオシャレなら、
私服は間違いなくオシャレだと思わせることもできますからね。

エッセンスを組み合わせて、
自分スタイルを作り上げていくことが大切です。

また、オシャレに気を遣える人は
仕事もできそうなイメージを与えるので、
スーツの着方でビジネスのスムーズさにも影響を与えます。

なお、コーディネートが下手ですといくら仕事ができても、
見た目で損をしてしまう可能性が高く、
それはビジネスにおいて好ましいことではありません。

ビジネスマンとして、オシャレリーダーとして、
信頼性を勝ち取りやすく、今後もスムーズに
自身のキャリアを発展させていけます。

 

スーツの種類とデザインを徹底解説

ここからはまず、
スーツを着こなすための知識を付けるために、
スーツの種類とデザインを徹底的に
解説していきます。

スーツの種類

スーツにも多くの種類があります。
代表的な3種類をここでは、
説明していきますね!!

シングルスーツ

引用:customlife

シングルスーツとはその名前の通り、
ジャケットのボタンの付き方が
一列になっているスーツを指します。

ビジネスマンが着用するスーツの定番になります。
使用用途としてはビジネスの場で活躍するスーツになりますが、
ボタンのかけ方に法則があるので気をつけましょう。

シングルスーツでは一般的に2つ付けられていますが、
両方留めないようにして着こなすのがポイント。

もし3つ付けられている場合も、
一番下は留めずに着こなします。

3つボタンスーツの場合は、
一番上のボタンも飾りボタンになっている場合があり、
真ん中だけ留めて着るシングルスーツもあります。
特に新入社員の方は知らずに、
全て留めてしまっている場合がありますので注意しましょう。

ダブルスーツ

引用:customlife

ダブルスーツはシングルスーツに比べると
より年配の方が着用されているイメージが強いもの。

フォーマルな場で着たりと、使用用途もより絞られてきます。
ダブルスーツはボタンが2列に並んだスタイルになりますので、
シングルスーツに比べるとウエストに余裕を持たせることが出来、
お腹周りが気になる人が、体型を隠す目的もあって
選ばれることもあるタイプになります。

若い方よりも、ダブルスーツは年配の方の方が好まれます。
ダブルスーツの方が重役感を演出出来ますので、
大切な商談の場や、会談の場など
ここぞという時に選ばれるスーツになります。

若い方でも着ることは出来ますが、
上手に着こなさないと浮ついた印象を相手に与えるので、
自分に本当に似合うかどうかよく吟味しましょう。

スリーピース

引用:customlife

スリーピースとは、スーツの中でも、
ジャケット、パンツ、ベストの3点を
セットで揃えたスーツで、
3点とも同じ生地で仕立てられたスーツを指します。

スリーピーススーツの使用用途としては
3点セット揃えて着用することも可能ですし、
ベストだけ別のスーツに合わせることも出来る点です。

スリーピースの特徴は何と言ってもベスト。
特に夏場になると、ジャケットを脱ぐと
中のシャツがよれてしまっている、
肌着が透けてみっともないといったことが珍しくありません。

大切なビジネスの商談の場でも、
そのような恰好では信頼を得ることが難しいですが、
ベストを着用しているだけで、
相手に与える印象はずっと良くなります。

フォーマルな印象で好感を持たれるでしょう。

 

スーツの襟

スーツの種類は形だけじゃないんです。
実は襟にも様々な種類が沢山あります。
それをここではご紹介(*´ω`*)

ノッチドラペル

引用:design

スーツ上手に着こなすためには、
着用シーンに合った襟のスーツを選ぶことが重要です。

スーツの下襟のことを「ラペル」と言いますが、
このラペルはスーツ表情を作る大切な部位で、
印象を大きく左右するポイントのひとつ。

代表的なものは「ノッチドラペル」で、
ビジネススーツを始めとした
シングルスーツに付いている定番のラペルです。

ノッチとは「V字型の切り込み」を意味しており、
下襟がひし形の形状になっていて
襟の上下の縫い合わせ部分から
下襟の先までが一直線になっていることが特徴です。

流行によって幅が変わることがあるものの、
基本デザインは変りません。

ノッチドラペルのスーツの使用用途は
ビジネスの現場やリクルートなど、
オーソドックスな使い方に向いています。

ピークドラペル

引用:design

ノッチドラペルと双璧をなす
代表的なラペルが「ピークドラペル」です。

ピークドとは「先の尖った」と言う意味があり、
剣先のような鋭い下襟が大きな特徴です。

上襟と下襟のエッジで作られる
三角形の切り込みが全く無いので、
襟全体が大きく見みえます。

フォーマルスーツやダブルスーツに良く見られる形状で、
ノッチドラペルと比較して少々ドレッシーな印象を受けます。

ピークドラペルは装飾的な意味合いが強いため
ビジネスの現場には不向きとされており、
使用用途はおしゃれな雰囲気を楽しむような
パーティーや結婚式などのイベントに最適です。

下襟の尖る角度が控えめなセミピークドラペルは
フォーマルシーンやカジュアルでも使用できる
万能タイプなデザインとなっています。

ショールカラー

引用:azabu tailor

「ショールカラー」とは、上襟とラペルによる
三角形の切り込みが全く無く繋がっている襟のことです。

ラペルが丸くカーブしているため
首にショールをかけたように見えることから
ショールカラーの名称が付きましたが、
その形状から「へちま襟」とも呼ばれます。

主にタキシードに付いており、
格式高い夜の正礼装となるため、使用用途は
夕方から夜にかけての各種式典やパーティーなどで着用します。

最近ではショールカラーをより
カジュアルに着こなすようにするため
ジャケットに付けた「ショールカラージャケット」も人気。

カジュアルでありながら落ち着き感もあり、
シャツの上から羽織るだけで
大人っぽさを演出できることから若者の注目を集めています。

 

スーツの後ろ姿”ベント”

まだまだスーツは奥が深い!!

スーツの後ろ姿にも種類があるなんて。。
知ってて損はないですよ!!

センターベント

引用:design

ベントの中でも定番となっているセンターベントは、
動きやすさをあらかじめしっかりと追求しているデザインで、
年齢を問うことなく誰でも気軽に様々なシーンで合わせることが出来ます。

もともとは乗馬をする時に、
色々な物や馬などに引っかかるという事が無いように、
あらかじめ窮屈さを解消する事を考えて作られているデザインとなっています。

使用用途としては、
普段使いが最適だと言っても過言ではありません。

サラリーマンの人などが仕事の時などに着ると良いです。
その動きやすさから、ビジネスにおける場などで
動く事が非常に多いという人であれば、
センターベントのスーツを意識して選んで着るようにする事をおすすめ。

サイドベンツ

引用:design

サイドベンツは両サイドの縦の部分に切れ目が入っていて、
ゆったりとしてリラックスムード満載のシルエットが特徴的で
全体的にクラシックなイメージになります。

剣を腰に差していた時代の
名残りが残っているデザインだと言われており、
イギリス製のスーツなどにこのデザインがよく見られます。

別名で剣吊りだと呼ばれているのも特徴の1つ。

両サイドの部分の切れ込みが有ることで、
センターベントのスーツよりも動きやすくて、
突っ張り感が無いと言えます。

ゆったりとしているスラックスを好んでいる人には、
サイドベンツがおすすめです。

使用用途は、センターベントと同じく
ビジネスシーンで使うと良いでしょう。
動きまわる人に最適だと言えます。

ノーベント

引用:design

切れ目が全然入っていないノーベントは、
使用用途としては冠婚葬祭で着るフォーマルの場に向いています。

切れ込みが全然無い仕様なので、
タキシードなどに使われていることが多く、
ノーベントのスーツはビジネススーツには殆どなく、
ダブルのスーツにあるくらい。

ベントが無い仕様なので、
ジャケットにおける格好良いフォルムが、
お尻を隠すのに役に立ってくれます。

お尻を見られたくないと考えているのであれば、
隠すためにノーベントを選ぶと良いのではないでしょうか。

ベントをあらかじめ切らないことからお尻を隠すことができ、
他の人の視線をひきつけるということが無いので、
お尻に自信の無い人であっても気軽に着ることが出来ます。

 

スーツの代表的柄3選

ここではいよいよ、
スーツの代表的な柄を紹介します。

今スーツを買おうとして悩んでいるなら、
ぜひ参考にしてくださいね(*´ω`*)

シンプルイズベストの無地

引用:azabu tailor

何事も基本は大切ですが、
スーツの生地でいえば
シンプルイズベストで定番と言われる無地です。

シンプルな無地はカラーが与える印象や
季節感を出せる素材をあわせることによって、
スーツの表情を変えることが出来ます。

ストレイプやドット生地のように
遊び心はありませんしあまり華やかではない、
と敬遠されることもある無地ですが、
使用用途を選ばず着る人も選ばない優秀なアイテムであり、
着る人を誰でもエレガントにさせます。

柄ものよりも自由なコーディネートを楽しめる上に
素材の良さをそのまま感じることが出来るので、
フォーマルにもビジネスにも対応できる
マルチなスーツを1着作っておきたいと思うのであれば、
まずは無地のスーツから準備しましょう。

スタイリッシュなストライプ

引用:U-NOTE

ストライプスーツは着ている人を
誠実・知的・スタイリッシュに見せてくれるアイテムです。

しかしストライプ柄は主張が強いという特徴もありますから、
使用用途は選ぶ必要があります。
一般的には面接などでは着用をすすめません。

結婚式など、上司などの目上の方の式に
出席する際には控えるのが無難でしょう。

ストライプ柄は線と線の間隔が広いほど力強く、
狭いほど洗練された印象になります。

ストライプには種類があり、
ピン、ペンシル、チョーク、シャドーなどがあります。
点線になったような細いストライプはピン、
鉛筆で描いたような線が細くてはっきりしたものはペンシル、
チョークで引いたような線のものをチョーク、
一見無地のようですが光が当たると線が浮かび上がるのがシャドーです。

見せたい印象から選ぶのがコツです。

カジュアルなチェック柄

引用:SUIT SELECT

どんな色柄であるかに関係なく、
スーツを着ることで相手に
きちんとした印象を与えることが出来ますが、
それに親しみやすく柔らかな印象をプラスするのがチェックスーツです。

かっちりした印象を
ややカジュアルダウンさせることが出来るものなので、
社外の人に接することがおおい営業職の人に向いています。

チェック柄のスーツの使用用途は
お洒落ながらカジュアルであるという点から考えて、
結婚式などのフォーマルなシーンではおすすめは出来ません。

しかし2次会など気心が知れた仲間でのパーティーなら
中にシックなシャツを着ることで
お洒落に決めやすいので着易いでしょう。

チェック柄は上手に使えば
洗練された印象を与えるアイテムになりますので、
まずは1度試してみましょう。

 

スーツを最強に着こなすためのコツ5選

さぁいよいよここから正しい、
スーツの知識をデザインを理解したあなたに伝える
スーツを最強に着こなすためのコツを紹介していきます。

ここさえ押さえていれば、
間違いなく女子からモテる最強のスーツ着こなしが
できるようになります。

正しいジャケットのサイズ感

引用:customlife

スーツを最強に着こなすことができると、
フィット感が高まって格好良く見えます。

正しく着るためのポイントで、
基本ともいえる重要点となるのはジャケットのサイズ感です。

ジャケットはスーツにおけるメインですから、
ここがフィットしていないと、
ちぐはぐな印象を与えて格好良さが半減します。

サイズ感を決める条件はまず、
ジャケットの肩幅を始めとして、
肩のトップと肩山のフィットです。

肩幅が狭すぎる、
あるいは大きくて余裕がありすぎるジャケットは、
フィットしていない感想を抱かせがちです。

肩のサイズを合わせ、
肩とジャケットの位置も合わせることで、
初めて正しく着こなせるといえるでしょう。

一方で、ボタンを閉じた際に
ウエストに生じる余裕も、
良好なサイズ感を与えられるポイントです。

目安は握りこぶし一個分のスペースで、
これがウエスト周りにあれば良好となります。

逆にお腹周りがはち切れそうになる場合は、
致命的にマッチしていないので、
根本からサイズを見直す必要があります。

袖口は腕を下げた状態において、
シャツの袖口が1cmから2cm程度出ると丁度良いです。
シャツの袖口がジャケットに隠れてしまったり、
2cmを超えてはみ出してしまうのは、
正しい着こなしとは程遠いサイズのマッチングミスです。

スーツのサイズ感には、
このように想像以上の重要性がありますから、
シャツを含めて体に合わせることが不可欠です。

もう1つ見逃すことのできない着丈は、
ヒップをカバーして覆い隠す程度が目安となります。
ヒップの一部がカバーできていなかったり、
ヒップを超えて下まで伸びているのは間違いです。

これらが正しく着るためのポイントで、
1つでも条件を逃してしまうと、
着こなしの完成度が低下してしまいます。

一般的に、
既成品は余裕を持った作りとなっているので、
肩周りや着丈のサイズがズレやすい印象です。

オーダーメイドなら完璧なサイズ感が得られるので、
既成品とはそういったところに差や違いが現れます。

おすすめのパンツ丈の長さ

引用:customlife

パンツはジャケットの丈と、
靴との組み合わせが正しく着こなすためのポイントとなります。

ウエスト部分はへそを基準に、
やや下にくるように合わせるとフィットします。

この時、ウエストに手のひらを入れることができれば、
適度な余裕があって着心地も向上するでしょう。

へそより上にウエストを設定したり、
ウエスト周りに余裕ができないのは誤りです。

極端に下げすぎるのも間違いですが、
へそからは離れないようにウエストを決めるのがベストです。

ウエストに生じる余裕については、
手のひらが無理なく入れられる位が目安です。

無理やり差し込まないと入らない、
または両手のひらを重ねても入ってしまうのはミスマッチです。

片手のひらを差し込むことができて、
あまり前後に動かない程度の余裕があるのが理想的。

パンツにおいては、
パンツ丈もまた正しく着こなすためのポイントの条件です。
丈は靴の甲と裾が触れる位が理想的で、
靴を覆い被さるほどの長さだとだらしなくなります。

具体的には、足を真っ直ぐと伸ばした状態で立ち、
靴下が見えなければ良好だといえます。

パンツの裾が靴に乗っかってしまい、
ダボッと膨らみができてしまうのはNG。

パンツ丈の決め方には目安があって、
ノークッションやハーフクッション、
ワンクッションの3種類が存在します。

ノークッションは靴の甲が裾に当たらない長さで、
短めの印象を与えるパンツ丈です。

ワンクッションの方は、
あえて靴の甲と裾を当たるように丈を決めるのが特徴です。

フォーマルで無難な選択を行うなら、
やはりビジネスの定番とされる
ハーフクッションを選ぶのが良いでしょう。

ハーフクッションは長すぎず短すぎず、
丁度良いフィット感が出る理想的なサイズです。

ノークッションだと、
子供っぽい印象やカジュアル感を強めてしまうので、
パンツ丈を選ぶ際には避けた方が無難です。

更に、パンツの中心に折り目が入っていると、
ビジネスマンらしい着こなしが実現します。

引用:customlife

パンツの折り目センタープレスと、
革靴やベルトを同じ色で選んで合わせれば、
統一感のある格好良いパンツが手に入ります。

ワイシャツの正しいサイズ感

引用:customlife

ワイシャツはウエストに入れて整えた時に、
フィットして見えるか否かが正しいサイズ感の目安になります。

ビジネスにおけるシャツの知識としては、
全てのボタンを閉じるのがマナーで、
それは首の部分も例外ではないということです。

首周りには締め付けが生じがちですから、
ボタンを閉じて指が1、2本入るものを選ぶことが必要です。

裄丈のサイズ感は、
ボタンを留めた状態で腕をおろし、
手のくるぶしを基準にプラス2cmほど加えた長さで決まります。

この状態で手首が大きく隠れてしまったり、
反対に腕が出て見えすぎてしまえば、
サイズ感をミスマッチといっても同然です。

肩はジャケットと同様に、
肩の位置と幅を合わせて体にフィットさせることが肝心です。
肩の骨の出っ張り、トップ部分の位置合わせは特に重要なので、
ワイシャツを選ぶ際には裄丈の長さと共に肩幅も気を付けましょう。

着丈は全てのボタンを留めた状態で、
パンツに対して半分位を覆う程度が狙い目です。

ワイシャツは、パンツのウエスト部分に入れて使いますが、
出した時にこの位の着丈だと丁度良い長さとなります。


引用:customlife

基本的なビジネスにおけるシャツの知識は、
白色や薄い青系を選ぶのが定番で、
清潔感を重視した結果これらの色が選ばれるということです。

襟の形も重要なポイントですが、
レギュラーかワイドを選べば完璧です。

ネクタイの選び方と長さ

引用:customlife

正しく合わせるためのポイントは、
ビジネスマンの必須アイテム、
首元の印象を決めるネクタイにもあります。

ネクタイはジャケットに合わせて使うアイテムですから、
要点を踏まえた幅を揃えて選ぶのがコツとなります。

ネクタイの幅はジャケットのラベル、
いわゆる下襟と同じ幅にすると一体感が出ます。

多少は誤差があっても問題ないですが、
なるべくサイズ感が近いものを選んだ方が
納得の結果に繋がるでしょう。

長さの方は、
ネクタイの先がベルトの位置に到達する位が目安で、
やや掛かるようならジャストフィットです。

短すぎるネクタイ、
長すぎるネクタイは誰が見ても格好が悪いですから、
身につけるジャケットやパンツに合わせて選ぶことが大切です。

引用:customlife

印象を大きく左右するネクタイにおいては、
用時のちょっとしたコツも見た目に影響を与えます。

ネクタイを結んだ時にできる窪みは、
ディンプルと呼ばれていてアクセントになります。

着こなしが分かっていると理解される部分なので、
ビジネス用のスーツを着用する時は、
ディンプルを念頭に置いてネクタイを結ぶのがおすすめ。

ただし、弔事には相応しくない身につけ方ですから、
TPOに気を付けて活用することが求められるテクニックです。

ビジネス向きの革靴


引用:customlife

革靴はビジネスマンの相棒で、
できる男のイメージに影響するアイテムです。

ビジネスにおける靴の知識が活きるので、
知識を深めて靴選びに活用しましょう。

革靴にはストレートチップ、
それにプレーントゥの2種類が定番で、
ビジネス用途ならどちらか1つを選ぶものです。

ストレートチップは先端がやや丸みを帯びていて、
革靴をイメージする際に思い浮かべられる形です。

馴染み深く違和感を覚えさせないタイプなので、
無難なビジネス向けの革靴を選ぶなら
断然ストレートチップです。

プレーントゥの方は、
先細りでスタイリッシュな形状ですから、
より知的な印象が与えられるタイプとなっています。

品のある知的さが足元に現れるので、
できるビジネスマンを目指すなら
プレーントゥを選ぶのもありです。

肝心の色は黒が無難とされていますが、
青系も選べるので選択の幅は意外とあります。

靴に合わせる靴下は、
黒やグレーにネイビーが基本となっていて、
スーツと統一するのが定番です。

足元はその人を現す部分ですから、
ジャケットやパンツなどと同じく、
選ぶアイテムには気を付けて身につけることが重要です。

質感やサイズも足元の印象を変えるので、
良質な革靴を選んだり、
サイズを合わせて履きこなすのまた見逃せない要点です。

 

スーツ姿をよりかっこよくする小物を紹介

スーツを最強に着こなすコツは学びましたか?

次はもうワンランク上の着こなしである
小物術を学んで、
他のスーツ野郎と差をつけましょう!!笑

スーツ姿を引き立てる”ベスト”

引用:結婚STYLE

スーツはそれ自体が既に上品な雰囲気を醸し出しますが、
ドレス感も追加したいのなら
スーツベストを取り入れるというテクニックが最適です。

たとえスーツに慣れていない初心者や
ドレスアップする知識を持ち合わせていない方でも、
一つ取り入れるだけで著しく魅力度を高められるようになります。

初心者の場合ベストの選び方に
頭を悩ませてしまう事は珍しくないですが、
スーツの中にインナーという形で着用する事を考えるのなら、
グレーやネイビーといった色合いから選定すると良いでしょう。

グレーやネイビーであれば
ブラックやネイビー、グレーといった
主要となるスーツの定番色の全てに難なく馴染ませられます。

また、ベストは中に着用し
スーツほど見えないとしてもしっかりと
ジャストサイズを選択する事が重要です。

アクセントをつくる”ポケットチーフ”

引用:結婚STYLE

スーツを着用する上で
ポケットチーフは入れていなくても
マナー違反にはなりません。

しかし、さり気なく胸ポケットに入れておくと
スーツに着慣れている印象を与える事ができますし、
一段階お洒落な印象が与えられるようになります。

また、単にポケットチーフを入れるだけではなく
素材に拘ったり、折る方法を柔軟に変化させる
といったテクニックを行うと、
身を置く場所により変化させることが可能に。

初めてポケットチーフを取り入れた着こなしに
チャレンジする時には、適度な光沢感としなやかさを
持ち合わせているシルクの素材で作られているタイプを選び、
冠婚葬祭に出席する時に使いたいのならリネンを選びましょう。

お祝いを盛り上げる”ボウタイ”

引用:avance青山

ボウタイというのはいわゆる蝶ネクタイのこと。

男性は結婚式などのお祝いの席に招待され、
参加する場合にもスーツを着用しますが、
スーツにネクタイを締めるとビジネス色が強くなります。

そこで柔軟にボウタイに変化させると
時と場所に合わせた着こなしの
テクニックを知っている人という良い印象が与えられます。

実は、正確には蝶ネクタイに比較すると
シルエットなどがカジュアルな印象になっていますし、
大きさも若干大きめになっていて硬い印象になりすぎません。

初めてボウタイを使用してみる方が選ぶ場合は
カラーリングについて気になるものですが、
挑戦しやすいカラーリングはブラックやネイビーがオススメ。

また、単色の他にドット柄などが
デザインされているタイプを選ぶと
ボウタイに慣れているイメージになります。

 

スーツ姿が似合う体づくりを徹底解説

スーツの着こなしはこれでマスターしましたね!

次は、スーツが似合うための体づくりです。
正直、日本人は体づくりが最も大事。

バランスの良い体つきを手に入れることで、
最強にスーツが似合うモテボディを手に入れれます。

体づくりの3つのポイント

スーツが似合う体づくりを行う前に、
まずは大事なポイントを押さえましょう!

背中に筋肉をつくること

スーツ姿が似合うには
しっかりと体力作りが大切で、
スーツ姿が似合う体型は、
背中に筋肉を作ることが必要です。

背中にはVシェイプを形成する筋肉があり、
面積も広く筋トレすることでスーツを来た時に
広い背中の印象となり、
男らしさやセクシーさを強調することができます。

背中の筋肉は広背筋は、
引く動作を中心に鍛えます。

ひとつに絞ることは難しいですが、
広背筋の上にある大円筋を中心して刺激する
ラットプルダウンをすると効果的に鍛えられます。

広背筋の上部側へ負荷の比重を高めることで、
逆三角形になりよりVシェイプを際立たせることが可能です。

ジムに通っている場合は、
ラットプルマシンを使い筋トレをしたり、
懸垂などでも鍛えることができます。

胸板を厚くすること

スーツ姿が似合う体作りに欠かせず、
スーツ姿を最大限魅力的にするためには
胸板を厚くすることです。

胸板を厚くするためには
大胸筋のトレーニングは必須です。

上半身にある筋肉としては
比較的体積も大きい筋肉であり、
セクシーさだけではなく、
胸元の自然な盛り上がりが出て
スーツが持つ独特の魅力を
最大限に引き出すことが期待できます。

大胸筋は関節動作に働き、
関節動作は押す動作で筋トレすることが可能。
ダンベルフライやチェストフライを
筋トレ種目に取り入れるようにし、
大胸筋への負荷を集中することで
効果的に筋トレができます。

大胸筋にはウエイトトレーニングのベンチプレスで、
大胸筋を大きく肥大させるためにも
しっかりと深くバーベルを下ろしながら、
出来る限り重いウエイトを使うと良いです。

腕立て伏せやチェストプレスなども効果的です。

猫背を治すこと

男らしいスーツ姿になるためには、
筋トレで筋肉をつけることも大切ですが、
姿勢にも注意が必要です。

猫背ではスーツ姿が台無しに。。
しかし、背中に筋肉がつくことで
自然に猫背を解消することが期待できます。

背中や胸に筋肉をつけながら、
猫背に効果的なストレッチを取り入れると良いです。

バスタオルを2枚重ねて筒状に丸め、
床に置きその上に仰向けに寝転がります。

そのまま大の字になって
全身の力を抜いて5分程度キープします。

ストレッチの他にも座り方や
寝るときの姿勢は仰向けにするなど
生活習慣の中でも改善することができます。

仕事でパソコンを使ったり、
スマートフォンを操作する時など
前かがみになる傾向にあるため、
椅子に座る時は浅く座って背筋を伸ばすなど
自分で猫背を改善するよう心掛けます。

 

 

効果的な筋トレ方法

上記でも軽く、
筋トレ方法を記載しましたが、
ここからはもう少し詳しく説明します(*´ω`*)

スーツの着こなしに必要な背中の筋肉のつけ方

中年のサラリーマンがダサいといわれてしまうのは、
お腹が出ているメタボリックシンドロームのように
スーツの着こなしができていないからです。

スーツをかっこよく着こなすためには、
肉体を引き締めてスーツの似合う体型に
していく必要があります。

スーツは元々、背が高く
筋肉質な外国人のために作られたものです。

日本人は外国人と比べると
平均身長も低いですし、体系的にも胴長の人が多く
元からスーツがあまりに合わないという弱点があります。

スーツは太り過ぎても痩せすぎても
似合いませんから、程よく筋肉をつけていくことが必要です。

男は背中で語ると昔から言われている通り、
スーツを着こなすためには
背中の筋肉が重要になってきます。

背中の筋肉を鍛えることで、
スーツの着た時の後ろ姿に張りがでて、
すっきりと見えるようになります。

肩から背中にかけて鍛えるためには、
懸垂のように腕を上にあげて
上下する筋トレが効果的です。

懸垂ができればベストですが、
ダンベルを持って両腕を
左右に広げて肘を垂直に上に曲げて
ゆっくりと上下運動をしていくと効果的です。

背筋をまっすぐに伸ばして
肩甲骨を大きく動かすことを意識すると
肩から背中の上部を効果的に鍛えることができます。

スーツの着こなしに必要な胸板の鍛え方

背中と同様にスーツを着こなすために
重要になるのが胸の筋肉です。

背中に張りがあって胸の筋肉も発達してくると、
胸を張った自信のある姿に見えるようになるので
スーツ姿も似合うようになります。

ただしとにかく鍛えればいいというのは間違いで、
鍛え過ぎてしまって胸板が厚くなり過ぎてしまう可能性も。

そうなると、
お腹の部分がスカスカになってしまったり、
本来のサイズよりも大きなものを選ばなければならなくなり、
逆に似合わなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

筋肉質な肉体を目指すのではなく、
あくまでもスーツの似合う体型にしていくことが
目的なので鍛え過ぎないように、
自分の身長や骨格に合った適度な筋肉をつけるように
トレーニングしていくことが大切です。

胸板の上手な鍛え方は腕立て伏せです。
腕立て伏せは自宅でもできるし、
特に必要な道具などもないのでおすすめです。

正しい腕立て伏せのやり方は、
床に手をついて体を起こしていくのですが、
腕を伸ばしたときに背中から腰、足にかけて
まっすぐになるような姿勢を意識します。

腰が持ち上がったりしているしていると
効果がうまく出ないだけでなく、
間違いのまま続けてしまうと腰などを
痛めてしまう可能性もあるので気を付けましょう。

中級者向けのトレーニングはこちら

スーツの着こなしを台無しにする猫背の治し方

スーツを着こなしには、姿勢が非常に大切です。
猫背でスーツを着ていると
だらしのない印象がありますし、
逆に反り返ってお腹が出ているような体型もやはり似合いません。

スーツを着こなすときに重要なのが、
背筋を伸ばして姿勢を正しく保つことです。

姿勢を保つために必要になるのが、
インナーマッスルです。

大胸筋などの筋肉の内側にあるもので、
身体を支える重要な体幹のバランスを整えてくれる筋肉です。

腕立て伏せなどの普通の筋トレでは
なかなか鍛えることができない部分なので、
体幹トレーニングで効果的に刺激を与えていく必要があります。

胸板から腹筋、背中などスーツを着こなすために
必要な筋肉をまんべんなく鍛えていくことができるのが、
フライングドッグというトレーニングです。

やり方は両手と両膝を床について四つん這いになります。
そして右手と左足を伸ばして
その姿勢をキープしていく方法です。

左手を伸ばしたときは右足を伸ばすといったように、
左右を交互にやっていくようにしましょう。

フライングドッグをするときのポイントは、
背中が丸まらないように気を付けることです。

手の先から足の先までは一直線になるように意識して、
1分ほどその姿勢をキープすると効果的です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はスーツが似合う男性になって、
モテる最強のスーツ着こなし術を
紹介してきました。

スーツは一番女性に見られるファッションです。
着こなし術を学ぶのはもちろんのこと、
普段の姿勢にも影響する体づくりの両方を
行うことで、自分の自信にもなりますし、
女性からモテます。

スーツのサイズ感やデザインを、
使い分けることによって私服のコーディネートにも
活きてきます。

今はまだ暑い夏ですが、
秋冬になると絶対にスーツでのオシャレが
必須になってきます。

ぜひ参考にしてきてくださいね!!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

モテMEN!!-恋愛初心者から始める恋愛メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

モテMEN!!-恋愛初心者から始める恋愛メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ごりくも

ごりくも

20歳まで童貞・彼女なしを貫いた永遠の"ゼロ"。
最近の趣味はEDMを聞いて、ストレス解消をすることです。
詳しくはこちら➡https://kanozyo-yuuki.com/new/profile/

この人が書いた記事  記事一覧

  • 恋愛成功者に共通するたった1つの条件とは?

  • 【モテ男はここが違う!】デキるモテ男が「すること・しないこと」って?

  • 【全実話】告白のシチュエーション厳選9選~女性が喜んだ本物のストーリー~

  • 非モテはサラリーマン思考。モテる人は経営者思考。

関連記事

  • 【デート前必見】女性にキスを断られない口臭対策してる?

  • 恋愛が身体におよぼす10つの影響

  • “耳垢ドロドロ”と”ワキガ”の密接な関係とは…??

  • 1日3分でモテるメンタルに鍛え上げる「18のコツ」

  • モテる男は、モテコーデを重視している

  • 自信がないを克服する勇気【人生を変えるために】